記事一覧

ビームス&UAの本部長を取材、哲学者鷲田清一氏に突撃、ラグビー界のスターとランチ!

アップロードファイル 15-1.jpgアップロードファイル 15-2.jpg

日本のファッションカルチャーを育ててきたのはセレクトショップであり、それを支えてきたのはオモシロイ人たちの目利きの力だと思います。ブランドパロディの設楽洋社長はその代表ですが、こちらの会社にはオモシロイ人たちがほかにも大勢いて企画屋集団(はたまた動物園!?)みたいな感じです。ハイ。

そんなビームスの次世代を担う、2人のキーパーソンを取材しました。短パンの山﨑さん(軽井沢在住)は元三井物産、ジャケットの池内さんは元電通(東京オリンピック招致にも関わり)というキャリアで、いずれも昨年入社しました。肩書きの「プロデューサー」から分かるように、お2人の仕事は仕入れや店頭というより、全国に散らばるユニークなビームス・ピープルの力を引き出してプロデュースし、そしてビジョンを策定&リードすることのようです。

何といってもこだわり集団ですから、外から入って仕事をするのは大変かと思いきや、2人ともそれを楽しんでいるポジティブリーダーでした。そろってメディアの前に登場するのは、本邦初!?「WWDジャパン」9月2日号のセレクトショップ特集でインタビューをがっちり掲載します!

ビームス本社のエレベーター周りがカワイイので取材ついでに写真を撮らせてもらいました。眺望もばっちり。ガラスがきれいで映り込みもばっちりです(笑)。

ファッションを書くことを仕事にしている人なら一度は哲学者の鷲田清一さんの著書「モードの迷宮」や「ひとはなぜ服を着るのか」に触れてきたかと思います。最近はファッションに関して書かれることは少ないですが、新刊「生きながらえる術(すべ)」を読んで、改めて取材をさせていただきたいと思いました。そんな折、鷲田さんが館長を務めるせんだいメディアテークでトークイベントがあると知り夏休みの遊びを兼ねていざ、仙台へ。

「正直」をテーマにしたトークの相手は、注目の若手建築家ユニットo+hのお二人です。いや~建築家って大変な仕事ですよね。クライアントや街の人、施工会社などリクエストも利害関係も異なる多くの人との対話の中でニーズを引き出しつつ、発注者が予想を超える提案をする仕事は対話の連続!!その中で「正直」であることの大切さと難しさを話してくれました。そして、鷲田さんの話の引き出し方、対話の中での思考の深め方がさすが。偉大な書き手は優秀な聞き手でありました。

トークショーの終了後、鷲田さんに取材依頼のお手紙を手渡ししてきました。そこでいただいた言葉を公にすることは控えますが、心の栄養になりました。取材、すぐでなくてもいいからいつか叶うといいな。ちなみに、伊東豊雄さんが設計したせんだいメディアテークは杜の都の緑の存在感を空間に取り入れた素敵な建物です。

自慢させてください!ラグビー界の大スター、ダン・カーター(Dan Carter)とランチをいただきました。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のとあるプロジェクトでインタビューをする機会が得たのです。元ニュージーランド代表の背番号10番のダン・カーターです!とか言いながら正直、ラグビーは全然分かりませんが最強チーム、通称オールブラックスの存在はさすがに知っています。試合前に踊るマオリ族の伝統舞踊ハカは有名ですよね。取材前にダン・カーターの名プレーまとめを動画で見て鳥肌が立ちました。

ソフトで実直でクレバーな受け答えとこの笑顔。かっこよかったです!!彼はきっとこの先、経営者などラグビー以外でも活躍するに違いありません。スポーツ担当とともに行ったインタビューの内容は近日公開予定でございます。

「セレクトショップ特集」の取材のため、今日はユナイテッドアローズへ。竹田光広社長とともに同社をリードしている2人の若き常務に会いました。お一人が写真の松崎さん。主にトレンドマーケット向けの事業を統括する第一事業本部を束ねています。もう一人が、木村竜哉さん(写真を撮らせていただきそこねた……古着も好きなおしゃれ男子)で、「グリーンレーベル リラクシング」などが入る第二事業本部の本部長です。

UAの年間売り上げは1500億円超え。2人の肩の上の重荷もどんだけ~、ですよね。そのあたりを読み解くためにも戦略を聞きました。セレクトショップにルーツを持ちつつ、今や大手SPA企業でもある同社のモノづくりの仕組みの戦略も、聞きました。そして分かったのはお2人の肩の上に載っているのは重荷ではなく、エンジンであるということでした。プレッシャーを重荷と思うようじゃあ、リーダーは務まりませんものね。

ユナイテッドアローズ本社の待合スペースにはアート作品がいくつも。名和晃平さんの作品を10センチの距離で上から横からじっくり拝見しました。

今、日本で一番尖っているセレクトショップと言えば、原宿のGR8(グレイト)でしょう。品ぞろえも集客も売り上げもピカイチ。で、GR8と言えば久保光博オーナー・バイヤーです。

弊紙は9月に「モードって何?(仮)」特集を予定しておりまして、このシンプルな問いに答えてくれそうな方を訪ね歩いている最中です。久保さんに申し込むと「ちょうどそんなことを考えていた」とのことで快諾いただき、ラフォーレ原宿2.5階にあるお店に向かいました。アツい!アツすぎる!!期待以上!!!の答えをもらったので特集でお伝えしますね。

GR8を知ったのは10数年前。当時私が編集長を務めていたコレクションマガジン「ファッションニュース」で、全国のセレクトショップのバイヤー170人を紹介するという気合の入った特集を組んだのですが、着道楽の街である愛媛・松山のセレクトショップ、インセクトの柴田哲志社長を取材した際に、紹介してもらったのが同社出身の久保さんでした。当時インタビューで聞いた“俺がやるしかない”というフレーズ、今も記憶に刻まれています。

なお、「モードって何?」に一家言ある方、ぜひ編集部まで一報くださいませ。

7月9日号「EC特集」は発行済みですが、プロジェクトはまだ終わってなかった。この日開催したセミナーが本当のゴールでした。ヤプリさんのおしゃれなオフィスをお借りして、紙面にも登場いただいた4人のプロを迎えて“お悩み相談会”的なトークイベントを開催しました。質問例は、「モールがありすぎてどれに出店していいか分からない」とか、「リアル店舗とEC、共通のKPIを設定するには?」とか。ぐぬぬ。リアル。

アマゾン ペイやヤプリ、AMS、イーベイ・ジャパンなどEC関連企業が最新ビジネスを短い時間で紹介するコーナーも設けました。

消費ビジネスに携わる人なら誰しもECに関する知識や活用する力が求められている時代。どんどん進化するからアップデートが大変ですよね。トークイベントの司会の勉強も大変だったので分かります……。だからこうやって実際に会って悩みを持つ人同士がつながり、相談できる場をもっと増やしたいね、と社内で話しております。

小柴和正・元伊勢丹社長のお別れの会にうかがいました。

メーカーに勤務していた20代の頃、週末や繁忙期は百貨店や専門店で応援販売をしていました。一番緊張する売り場は伊勢丹新宿本店でした。とにかく忙しいし、指導係の方は厳しかったし、各メーカーが精鋭を派遣してくるから売り場の緊張感も高い。その分、皆誇り高く仕事をしているし、売り上げも大きいからやりがいがある。今思えば、あの頃の伊勢丹の社長が小柴さんでした。当時は小柴さんが打ち出された「ファッションの伊勢丹」という経営理念をまったく理解はできていませんでしたが、それを売り場を通じて体感できたことは今の仕事の財産となっています。

8月一番の盛り上がりだったかもしれないイベントが、「マルベリー(MULBERRY)」が表参道で開催した体感型イベントのオープニングでした。ドラァグクイーンたちと遊べるゲームコーナーが特に人気で、ライブも大盛り上がり。床が抜けるんじゃない!?と心配になるほど、大勢の人が揺れておりました。

パブ風の演出だからお酒もビールかシングルモルト。ボウモアを前にバーテンさんに「15年と18年、どちらがいいですか?」と聞かれたものの、こちらが答える前に一瞬にして「18年ですよな~」と振舞っていただけたのは、年の功かしら??おいしかったです。

大好きなクリエイティブ・ディレクターのジョニー・コカ(Johnny Coca)とハグはできたけど、後で写真を撮らせてもらおうと探したものの人が多くてたどり着けず。そんなところもパーティーっぽくていいかな。DJで盛り上げていたのはマドモアゼル・ユリアちゃん。ブラボーです。

本日発売の8月26日号は百貨店の春夏売れ筋をまとめた特集です。そして定期購読の方には、記者ほぼ総出で作った渾身の別冊「ビジネスリポート」がつきます!全国50の百貨店、9つの分野(化粧品、特選、婦人服、紳士服、バッグ、シューズ、時計、ジュエリー、ファッションジュエリー)の売れ筋をまとめたデーターブックです。単品購入もできるようになりましたのでぜひ。そして本日のおやつは、集英社でお土産にいただいた「満月チップス」です。

ジャケットやTシャツなどのカプセルコレクションを発売

アップロードファイル 14-1.jpgアップロードファイル 14-2.jpg

ディーゼルが、Netflixのオリジナルシリーズ「ペーパー・ハウス」パート3とのコラボレーションを展開。出演者たちが着るジャンプスーツのデザインを手掛けるほか、7月27日より一部のDIESELストアとオンラインストアで限定のカプセルコレクションを発売する!

Netflixの人気ドラマ「ペーパー・ハウス」の世界観を表現したディーゼルのカプセルコレクション
ディーゼルは、最新シリーズの「ペーパー・ハウス」(原題:La Casa de Papel)パート3にて主役たちが着用するジャンプスーツのデザインを手がけた。フード付きのアイコニックなジャンプスーツは、このシリーズの主役である8人の強盗団の重要なユニフォームであり、ポップカルチャーのアイコン。ジャンプスーツのレッドカラーは、ディーゼル、Netflix、ペーパー・ハウスの三者に共通するブランディングとアイデンティティを表している。

今回のコラボレーションで展開される限定カプセルコレクションでは、作品の中で象徴的なマスクや、主人公の名前のインパクトあるグラフィックが特徴。ブラック、ホワイト、レッドがメインのカラーパレットで展開される。

「DIESEL × ペーパー・ハウス(La Casa De Papel)カプセルコレクション」アイテム詳細
リバーシブルのジャケット。ディーゼルの過去のアーカイブにあるプリントや、ユーティリティなディテールをアップデートして製作された。¥38,000+税

スウェットフーディーはブラック、ホワイトのほかにレッドも展開されている。各¥23,000+税

「HELSINKI(ヘルシンキ)」の名が入ったクルーネックスウェットも展開。ファンにはわかるデザインだ。¥19,800+税

原題が入ったTシャツもアイコニック。作品を知らなくても洒落たデザインで思わず目を引く。¥7,800+税

「BOGOTA(ボゴタ)」「TOKIO(トキオ)」などのテキストをプリントしたTシャツやロングTシャツも。ちなみにこれらに加えてスウェットなどにプリントされている「NAIROBI(ナイロビ)」「RIO(リオ)」といった文字は、全て登場人物のコードネームを指している。Tシャツ 各¥6,800+税 / ロングTシャツ 各¥8,800+税

テンプレ的配色でメリハリを利かせたモノトーンコーデ

アップロードファイル 13-1.jpg

黒のトラッカージャケットにバンドカラーの白シャツをインサートし、腰ゆるシルエットのグレープリーツパンツを合わせたモノトーンスタイル。黒ジャケット、白インナー、グレーボトムスというテンプレート的配色でメリハリを利かせたコーディネートだ。グレーのグラデーションパネルがスタイリッシュなニューバランスで、洒脱な色使いをまとめている。
アミ・アレクサンドル・マテュッシのスラックス詳細・購入はこちら
モノトーンの鉄板テンプレスタイルでこなれ感のあるコーデを体現
黒ジャケットに白インナー、グレーボトムスのコーディネートは、シックなモノトーンの鉄板テンプレスタイルだ。足元に白スニーカーを合わせるだけで、よりこなれ感のあるコーディネートを体現できる。
ヘリンボーン柄のチェスターコートで英国テイストをプラスし、ワイドパンツを合わせることでトレンドコンシャスな装いが完成。グレーコートにグレーニットという同系色レイヤードにブラックのストールを挟むことでメリハリのきいたカラーリングを表現している。

モノトーンで統一したオーバーサイズコーデをトーン差でメリハリのある印象に仕上げる

黒と白の配色の妙が際立つモノトーンのカジュアルコーデ
黒のボンバージャケットからインナーの白Tシャツをチラ見せし、絶妙なこなれ感を演出したモノトーンのカジュアルコーデ。黒と白の配色の妙を際立たせる黒×白スニーカーも秀逸だ。
MA-1をアレンジした黒のミリタリーコートに白Tシャツ、黒のレギンスパンツとスタイリッシュな黒スニーカーでコーデしたモノトーンのストリートスタイル。ミリタリーとスポーツをミックスし、偏りのない絶妙なバランスでいまどきストリートに落とし込んだ着こなしだ。
カスタムスニーカーでポップなアクセントをきかせたモノトーンコーデ
ブラックのチェスターコートにホワイトのタートルネックニットを着込んだ、どこかモードな雰囲気を漂わせる着こなし。ボトムにはカスタムで薔薇のワッペンが取り付けられたバンズのオールドスクールをチョイスし、モノトーンのカラーリングにポップなアクセントをプラスしている。
フードにGIVENCHY刺繍をあしらったダウンジャケットにテーパードシルエットの黒パンツ、黒ソックスとオフ-ホワイト×ナイキ エアーフォース1LOWをコーデしたアウトドアなモノトーンスタイル。ジャケットとスニーカーにあしらわれたスタイリッシュなロゴでアクセントを効かせ、アーバンな雰囲気を演出している。
バイカースタイルのジョガーパンツとナイキエアーフォース1PRMスプリットで、カジュアルなモノトーンコーデをモードにシフト。大胆な黒×白スプリットのスニーカーが、アウトドアなモノトーンスタイルに洗練された都会的な足元を演出している。

バイカースタイルのジョガーパンツとスプリットスニーカーでモノトーンコーデをモードにシフト

リラックスしたムード漂う洒脱なモノトーンコーデ
グレージャケットにグレースラックスを合わせ、ゆったりとしたシルエットのチェスターコートを羽織ったリラックス感のあるジャケパンスタイル。ブランドロゴなどがワンポイントで入ったアイテムを取り入れることで、単調になりがちなモノトーンコーデに絶妙なアクセントをプラスできる。
ローングコート×タートルネックニットでトレンドコンシャスなモノトーンコーデを表現
ロング丈のチェスターコートにタートルネックニットを着込み、ボトムスにはゆったりとしたグレーパンツをチョイスした組み合わせが今の気分なスタイリング。ブラックとダークグレーで統一したダークトーンスタイルに、インナーの霜降り調ニットがささやかなスパイスをきかせている。
ゆったりとしたラグランスリーブのステンカラーコートに、黒スラックスを合わせたオールブラックコーデ。光沢のあるストールが首元に上品な印象をプラスしている。足元にはY-3のスタンジップをセットしてモードな雰囲気を演出。
ランニングスニーカーで軽快感を演出したモノトーンコーデ
ブラックのステンカラーコートにグレーパンツを合わせたシンプルなスタイリング。立たせたコートの襟やパンツのセンタークリースがシャープな印象に。足元にはアディダスのグレースニーカーをセットして軽快感をプラス。
フーデッド仕様のコートやジョガーパンツでスポーツテイストを演出したカジュアルコーディネート。ボトムには白スニーカーを合わせることで、より軽快な足元を演出している。
シックでやんちゃなモノトーンコーデで主役アウターの素材感を際立たせる
黒のクルーネックニットとダメージ加工を施した黒のテーパードジーンズで主役コートの素材感を際立たせた、シックでやんちゃなモノトーンコーデ。インナーとボトムスを黒でまとめ、チェスターコートの表情豊かなグレーネップツイード素材をフィーチャー。抜き差し自在なスタイリングが大人の余裕を醸し出す。

シックでやんちゃなモノトーンコーデで主役アウターの素材感を際立たせる
グレースーツのモノトーンコーデに黒パーカーをインサートしてこなれ感を演出
ゆったりシルエットのグレースーツにアディダスオリジナルス・バイ・アレキサンダーワンのロゴ黒パーカーをインサートし、こなれ感を演出したモノトーンコーデ。ほどよくルーズなシルエットがカジュアルなスーツの着こなしを、いまどきスタイルにアップデートしている。

グレースーツのモノトーンコーデに黒パーカーをインサートしてこなれ感を演出

MA-1のモノトーンコーデを白のハイテクスニーカーでブラッシュアップ
黒のMA-1にノーカラーの中綿黒ライナー、黒のタートルネックニットと黒テーパードパンツを合わせたオールブラックのモノトーンコーデ。足元に白のリーボックインスタポンプフューリーをセットして、重見えしがちなオールブラックの重ね着スタイルを軽やかにブラッシュアップ。

ブラックスーツのモノトーンコーデを黒スニーカーの足元でストリートに馴染ませる
白のポケットチーフをあしらったブラックスーツに白Tシャツをインサートしたスタイリッシュなモノトーンコーデ。足元にコンバースのオールスター黒をセットして、ストリートとの親和性を高めたスタイリングだ。

ブラックスーツのモノトーンコーデを黒スニーカーの足元でストリートに馴染ませる

コーデュロイパンツで素材感にメリハリをつけたモノトーンコーデ
ゆったりとしたサイズ感が魅力のロングコートに黒シャツを着込むことでルーズすぎないレイヤードに。コーデュロイパンツを合わせて、単調になりがちなモノトーンコーデに質感でメリハリをきかせている点にも注目したい。シューズはフリンジが取り付けられたタッセルローファーをチョイスして足元を上品に演出。

美容師・浦さやかが語るカラーデザインの秘密

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpgアップロードファイル 12-4.jpg

2018年、世界のコレクション会場でもひときわ注目される存在となった双子モデルのAMIAYAだが、その中でも目を引くのがビビッドなピンクヘアだろう。遠くからでも認識できるそのピンクヘアは、彼女たちをよりアイコニックな存在にしている。そのピンクヘアを担当するのが、浦さやか「オトペ(otope)」代表だ。18年11月1日に表参道から原宿に店舗を拡張移転し、新たにネイリスト兼アイリストのスタッフも参加。さらなる個性的なデザインを発信している浦代表にはそのピンクヘアの秘密と共に、その発想源ともなっている自身が描くパラパラ漫画についても語ってもらった。

もともとAYAちゃんが「オトペ」に通ってくれていて、AMIちゃんは別のヘアサロンに通っていたんです。その時は2人ともヘアスタイルは違っていたんですが、ある時2人の間で「双子感を出していこう」となったみたいで、2017年3月に2人ともおそろいのピンクヘアにしました。ヘアスタイルも切りっぱなしのボブで、少しずつですが実は短くなっているんです。最近は前髪も少し短めにしてヘアもコンパクトになり、よりアイコニックな感じになっています。

かなりビビッドなピンクヘアだが、どう作っている?

ブリーチしてからヘアカラー剤のピンク系で染めて、その上からカラークリームの「マニックパニック(MANIC PANIC)」の「ホットホットピンク」をのせて作っています。最近は「ディレクションズ(DIRECTIONS)」の「カーネーションピンク」を使ったりもします。髪の根元が黒くならないように、月に1回くらいはサロンでブリーチしていますね。

AMIAYAさんと同じヘアカラーを希望する人も多い?

ピンクを希望する人は多いですが、これくらいビビッドなピンクヘアは一般の人だと浮いてしまって、正直難しいです。あのAMIAYAちゃんのファッション性とキャラクターがあるから似合っているとも思うので。

ちなみに浦さんの薄いピンクヘアも特徴的だが。

私は3~4カ月前にブリーチして、あとはピンク系のカラーシャンプーを何種類か混ぜて使っています。あまり濃くならないようには気をつけています。根元の黒い毛が見えてきていますが、それもデザインとして生かしています。

浦さんはAMIAYAさんに限らずその独特なヘアデザインが人気となっているが、最近インスタグラムを見ていると、ヘアの他に自身が描いたパラパラ漫画も投稿している。あれはどういった意図があるのか?

あれは完全な趣味です(笑)。毎朝6時に起きて、1話ずつ描いています。登場人物は私自身をキャラにしたもので、パラパラ漫画のアプリを使って作っています。だいたい1時間くらいで1話完成するのですが、ストーリーを考えることで頭が活性化している気がします。いつか漫画家デビューできればいいですけどね(笑)。

W杯に合わせた4年に1度の貴重なフットボールコレクションの数々をお届け

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpgアップロードファイル 11-4.jpg

4年に1度開催される世界最大のスポーツの祭典FIFAワールドカップ(FIFA World Cup以下、W杯)が6月15日、ロシアで開幕した。出場32カ国が昨日28日までの14日間で全64試合中のグループリーグ48試合を戦い、半分の16カ国が決勝トーナメントに進出。ブラジルやイングランドといった強豪国は危なげなくグループリーグを突破した一方で、前回大会王者で世界ランク1位のドイツが史上初めて決勝トーナメント進出を逃し、“史上最弱”と酷評されていた開催国ロシアや、突然の監督交代劇で空中分解もささやかれたわれらが日本が決勝トーナメントへの切符をつかむなど、21回目を迎えたW杯の歴史の中でもまれに見る大混戦を見せている。

世界最大の祭典に合わせ、各国代表ユニホームをブランド別に解説したり、ヘアスタイルにおけるW杯ベストイレブンを選抜したり、W杯商戦の前半戦勝者を考察したりと、ここぞとばかりに読者の皆さまに話題を提供してきた。が、やはり各ファッションブランドによるフットボールコレクションは見逃せない。ということで、世界最大の祭典のためだけに製作された4年に1度の貴重なコレクションの数々をお届けする。

やはり開催国ロシア出身のデザイナー、ゴーシャ・ラブチンスキーが手掛ける「ゴーシャ ラブチンスキー」と「アディダス」のコラボは外せない。2017-18年秋冬からコラボを発表してきた両者だが、今回のコレクション“FOOTBALL WORLD CUP KIT”はロシア国旗に敬意を表し、レッド、ブルー、ホワイトを基調としたアイテムをラインアップ。ゴールキーパーのフットボールシャツまで用意されているところにゴーシャの本気度がうかがえる。オススメは2万4000円と若干値が張るオールブラックのサッカーボール。

オンラインストア「ユークス」は、出場国の中から14の国を代表するブランドにフォーカスしたぜいたくなコレクション“#YOOXSOCCERCOUTURE”を用意。サッカーファッション誌「ステップ フットボール ファッション(Stepp Football Fashion)」とのコラボで実現したもので、それぞれのブランドがTシャツとスエットを製作した。参加ブランドには日本の「カラー(KOLOR)」、フランスの「コーシェ(KOCHE)」、ベルギーの「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」、ポルトガルの「マーケス アルメイダ(MARQUES'ALMEIDA)」、イングランドの「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」などが名を連ねる。なお、売り上げの一部はロシアの元サッカー選手アレクサンドル・ケルジャコフ(Alexander Kerzhakov)が設立したチャリティー団体「Stars for Children」に寄付される。

スウェーデン語で“フットボールクラブ”を意味する「アクネ ストゥディオズ」の“フットボールスクルーブ(FOTBOLLSKLUBB)”は、ウエアにサッカーボール柄やブランドの本社の住所“13”を大きくプリントしたり、ブランドのアイコン“フェイス”をパッチワークであしらったりと遊び心満載。ホームとアウェイを意識した2カラー展開で、サッカーゴールのネットで作られたバッグやホイッスル、ビーニー、マフラーなど小物類も充実している他、キッズサイズも用意し、親子で楽しめるコレクションだ。

「フレッドペリー」からは、ブランドのシグニチャーであるポロシャツを出場する11カ国風にアップデートしたコレクション“カントリーシャツ(COUNTRY SHIRTS)”が登場する。襟と袖口が国旗やユニホームをモチーフとしたカラーリングになっている他、胸元の月桂樹の下には国名が刺しゅうされている。なお、ラインアップされた11カ国のうち9カ国が決勝トーナメント進出と、商品企画部の先見の明には恐れ入る。

残念ながらブランドの拠点であるイタリアは、あろうことか1958年大会以来60年ぶりにW杯出場を逃したが、「ヴェルサーチ」もフットボールシャツを発表している。背番号の「12」と“VIA GESU”の文字は、創業者のジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)がかつて住んでいた地名からで、胸元にはメデューサの金の刺しゅうが施されるなど、まさに「ヴェルサーチ」らしい一品に。価格は8万円とまさに“ラグジュアリー・ユニフォーム”。銀座店のみで販売中だ。

設楽洋ビームス(BEAMS)社長が自身のツイッターで連夜W杯の戦況を実況し、原宿店ではパブリックビューイングが行われるなど、社全体でW杯を盛り上げているビームス。「アディダス」とのコラボユニホームは、胸元の“beams”の文字が実際のスポンサーと見間違うほどにどこよりもリアル。価格も7800円と良心的だ。

アパレルの展開こそないが、「ルイ・ヴィトン」も一般的なサッカーボールのパネルをモチーフとした2型のバッグと革小物からなるコレクションを発表している。同ブランドは10年の南アフリカ大会から、優勝トロフィーを運ぶ専用ケースを製作していることでも知られる。なお、新メンズ・アーティスティック・ディレクターに就任したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)は頻繁に観戦するだけでなく、「ナイキ(NIKE)」とスパイクをデザインし、学生時代はサッカー部に所属していたという元サッカー小僧。19歳ながらフランス代表でエースナンバー「10」を背負うキリアン・エムバペ(Kylian Mbappe)とも交流があるだけに、ヴァージルの優勝予想はフランスか?

八木アリサがアンバサダーを務めるCAT COPYの受注会が3/28~29開催!

アップロードファイル 10-1.jpg

いま、ストリートで最もHOTなファッションブランド、CAT COPY(キャット コピー)の新アンバサダーにモデルの八木アリサが就任! 

CAT COPYは2014年秋にデビュー以来、ストリートとモードをミックスしたスタイルが話題を呼び、ガールズを虜にしている。モノトーンのシンプルなデザインの中に、変形シルエットやアイコニックなプリントなど、ギミックを効かせたアイテムが特徴。2015 Summer Collectionより、ファッション誌、ランウェイ、テレビ番組など様々なメディアで活躍する八木アリサを広告塔に迎え、ブランドコンセプトである“ポリシーのある女性像”を提案。自由で洗練された東京のリアルスタイルから今後も目が離せない!

また3/28~29には、新作コレクションをいち早くチェックできる受注会を、原宿のGALLERY ABYDOSにて開催。29日は人気急上昇中のモデル野崎智子が会場をナビゲート♪ ぜひ遊びに行って。

「サカヨリ」から新ライン“ジードット”誕生 カルチャーとしての“ファッション”を発信

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

「サカヨリ(SAKAYORI.)」を手掛ける坂寄順子は、2019年春夏コレクションから新ライン“ジードット(G.)”を立ち上げる。“ジードット”はアウトドアや旅行、料理など個々のライフスタイルや趣味をテーマにカルチャーとしての“ファッション”を発信する。時間に追われながらも気軽におしゃれを楽しむ女性のために、「サカヨリ」のエレガントな要素を取り入れつつ、化粧がつきにくい素材や色移りしないデニム素材など幅広い商品群のMDで顧客層を広げていく。

 デビューコレクションは、約30型。価格帯はトップスとカットソーが9000円~、シャツが1万6000円~、ワンピースが2万2000円~、ボトムスが1万6000円~、アウターが3万2000円~。販路は百貨店をはじめ大手セレクトショップや専門店などにアプローチする。

 「サカヨリ」は04年春夏コレクションにデビューし、16年春夏にパリで展示会発表をスタート。パタンナー出身の坂寄が作り出す構築的な技術と立体的なデザインは、シルエットに対する探究心がうかがえる。

オオカミやダチョウが室内に!? 「ロジェ ヴィヴィエ」の2019-20年秋冬プレゼンテーションの見どころを一挙紹介

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は2月28日、パリ・ファッション・ウイーク中に2019-20年秋冬コレクションのプレゼンテーションを行いました。今季のテーマは“デイドリーム ヴィヴィエ(DAYDREAM VIVIER)”、つまり白昼夢というわけです。

 同ブランドは2018年9月に披露した19年春夏シーズンもパリの洋館を貸し切ってプレゼンテーションを行いました。ゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)=クリエイティブ・ディレクターが手掛けるデビューコレクションでありながら、バッグやシューズだけでなく空間プロデュースを含めて彼の世界観や持ち味が色濃く反映された内容が話題となりました。

 かなり“ハデ”な演出で強いインパクトを残したデビューシーズンだったので、2シーズン目となる今季はどのようなプレゼンテーションを見せてくれるのか、見る前から期待が高まりました――。結論から言うと、コレクションの面でも演出の面でも今季はさらにパワーアップ!そこで驚きの演出とバリエーションが増えたコレクションの中から見どころをご紹介します。

 薄暗い一つ目の部屋に入るといきなり足もとに違和感が……。床に目を向けると大量の落ち葉、さらには木まで生えていて、魔女が住んでいる森のような空間が出現しました。さらに部屋の奥にはベッドが置かれ、そこには女の子と犬のような動物が。近付いてよく見ると犬じゃない……。なんと本物のオオカミの子どもが放し飼い(?)されていたのです。刺激するとまずいと思い、変な緊張感を持ちながら展示されているバッグやシューズをささっとチェック。静かに部屋を後にしました。

 ここに展示されていたリボン付きパンプスは、新作の“クールベット(COURBETTE)”。ムッシュ・ヴィヴィエが18世紀のパンプスから着想を得て1960年に生み出した“ポリシネール(POLICHINELLE)”をゲラルドが再解釈したヒールが特徴です。

 館の2階に上がって迷路のような通路を進むとそこはピンクと紫の空間が。部屋全体がユニコーンで埋めつくされた部屋が登場しました。そしてBGMに耳を傾けてみると…。何やら日本語の曲のようです。曲名検索アプリで調べてみると、薬師丸ひろ子さんの「メイン・テーマ」や渡辺典子さんの「晴れ、ときどき殺人(キル・ミー)」などなど。「ゲラルドは日本の昭和の懐メロにも精通しているのか!」と驚きましたが、ここはマドモアゼル・ユリアさんがプロデュースした部屋だと聞いて納得です。

 この部屋には、アイコンのビッグバックルをあしらったミニサイズのチェーンバッグやキャンディーカラーのフラットなバレエシューズなど、日本人も取り入れやすいシューズやバッグが豊富でした。

 次の部屋の扉の前には“精神分析医”という文字と“マダム・フロイト”という文字が。どうやら心理学者フロイトの妻がいる部屋のようです。ドキドキしながらドアを開けると、椅子に座る二人の女性。どうやらマダム・フロイトがセラピーセッションを開いている様子。お芝居を横目に新作をチェックしていると、何やら黒くて大きいものが目の端に留まり、そちらに目を向けると大きなダチョウと目が合いました。「オオカミの次はダチョウ⁉」と思ったのですが、こちらは本物ではなくダチョウに扮した人でした(笑)。しかし、横っ飛びでこちらに向かってくる動きはまさに本物のダチョウ。恐怖心さえ芽生える完成度の高さでした。

 ここにはサイドゴアブーツなど、ごつめのブーツを中心に展示しており、ガーリーなテイストが多かったデビューコレクションと比較すると、バリエーションの幅が広がったことを感じさせます。その一方で、どのブーツにもアイコンのバックルが採用されていたり、ビジューやモコモコとしたシアリング、チェック柄などからは、ゲラルドが得意とするデコラティブな要素やアーカイブやメゾンのDNAを大切にしたいという彼の気持ちが伝わってきます。バックルを縦型に採用したパンプスも印象的でした。

 通路を進むと赤い壁と“CINEMA(シネマ)”の文字が。こっそりのぞくと中は映画館仕様になっていました。そして座席には内巻きブロンドのカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)風の女性たちがずらり。仲良くカトリーヌ・ドヌーヴが出演する映画「昼顔」を見ていました。かなりシュールな光景です(笑)。

 ムッシュ・ヴィヴィエ時代のアイコンシューズ“ベル ヴィヴィエ(BELLE VIVIER)”は、カトリーヌ・ドヌーヴがこの映画の中で履いたことで注目を浴びました。席に座っていたカトリーヌ風のお嬢さんたちが履いているのは、その“ベル ヴィヴィエ”をゲラルドがアップデートしたパンプス“トレ ヴィヴィエ(Tres Vivier)”。彼女たちが持っていたバッグは新作の“ボーヴィヴィエ(BEAU VIIVIER)”です。

 その他にもゴリラのマスクをかぶったセクシー美女(?)がベッドの上でダンスする部屋や、カントリーシンガーが歌う部屋など、女性たちの白昼夢を描いた不思議な世界が次々と現れます。来場者はそれぞれの世界に触れ、ときには部屋の住人に話しかけられることでその世界の一員となり、まるで「不思議の国のアリス」のアリスのように、目まぐるしく変化する奇怪な世界に迷い込んでしまったような感覚に陥ります。

 奇抜な演出に目が行きがちですが、今季のトレンドでもある“クラシック”の要素を押さえていたり、深いグリーンといった“オトナが手に取りやすい”カラーバリエーションを増やしたり、デビューコレクションからパワーアップしたコレクションを展開していました。今季の「ロジェ ヴィヴィエ」も引き続き注目していきたいと思います。

ストリートでおしゃれなトリック決めたいなら足元は「STANCE SOCKS」でしょ

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpg

ナイロニスタにとってソックスは切り離せないもの。スニーカーにソックス、プラットフォームシューズにもソックス、いつだってストリートなおしゃれを共に歩んでいるワードローブのひとつ。今回はそんなナイロニスタにピッタリな、この秋に日本初上陸したソックスブランド「STANCE(スタンス)」をご紹介。

2010年にカリフォルニアでスタートしたSTANCEは、西海岸のビーチカルチャーを反映した斬新なカラーリングに加え、ジッパーやスタッズなどを施した個性的なアイテムを展開。更にアーティストやフォトグラファーと言ったクリエイター達もデザインを手掛けるなど、今までに無いソックスの新しいスタイルを提案する注目のブランド!

この先、ストリートファッションをリードするであろうSTANCE、早いうちにgetして、この冬おしゃれトリック決めちゃう?

バーゼルワールド⑥-タグホイヤーモナコ限定モデルCAW211R.FC6401

アップロードファイル 6-1.jpg

ガルフオイル インターナショナルとのパートナーシップ締結を記念して限定モデルが登場。映画「栄光のル・マン」でスティーブン・マックイーンのスポンサーを務めたガルフの有名なレーシングカラーとロゴが施された特別モデル。

ストラップのライニングは耐水性のあるオレンジのラバー。

品番:CAW211R.FC6401
ムーブメント:自動巻きクロノグラフキャリバー12
ケース素材:ステンレススティール
ケース径:39mm
防水:100m
4月販売予定

予定価格:¥630,000+税

メンズバブーシュのかかとを履き潰すスタイルに注目

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

かかとを潰して履くスタイルの靴「バブーシュ」。レディースファッションで注目されていたアイテムですが、近年はメンズファッションにも波及。若い世代だけでなく40代以上の大人の男性でも無理なく履けるので、ぜひチャレンジして欲しいシューズです。そこで今回は、メンズバブーシュのおすすめ製品と人気ブランドをご紹介します。
バブーシュは、もともとモロッコの伝統的な履物。かかとを潰す履き方に特徴があります。かかと自体はあるのですが、それを潰してスリッパのように履くのがバブーシュの基本的なスタイルです。

バブーシュの種類は、スリッパのようにルームシューズとして履く「内履きタイプ」と、外出時に履く「外履きタイプ」があり、それぞれソールの作りやアッパーとの縫い合わせが異なります。本来のバブーシュは羊革を使用するのが一般的でしたが、今では牛革や馬革、合成皮革、コットン素材を採用するなどバリエーションが豊富です。かかと部分は内側に倒れやすいように設計されて、柔らかい仕様のものが多いです。

一方で、かかとを潰さずにそのままカジュアルな革靴のように履く人もいます。そのため、かかとを踏んでも踏まなくても使える2WAYタイプとして販売されているものもあります。さらに、かかとが元から無いタイプのバブーシュも販売されており、いくつかあるバリエーションの中から選べます。
現在日本で販売されているメンズバブーシュはデザインが豊富。本来のバブーシュのよさを継承しながら、トレンドファッションの要素を取り入れているの点が魅力です。

モロッコのバブーシュに近いスリッポンタイプ、どんなコーデにも合わせやすいレースアップシューズタイプ、正統派な印象が魅力的なローファータイプなど、自分の好みによってさまざまなバリエーションの中から選べるのがメンズバブーシュの特長です。
メンズバブーシュは素材の種類もデザインと同様に豊富です。最も一般的なのは羊革ですが、牛革や馬革を使用しているモノもあります。ジュアルさを出すならキャンバス素材、きれいめカジュアルがお好みであればレザーなど、同じデザインでも使用している素材によって印象が変化。雨や汚れに強い合成皮革で作られたバブーシュもおすすめです。
デデス(Dedes)
デデスは、浅草にある靴問屋「メンズサンエー」が展開するシューズブランド。カジュアルシューズからビジネスシューズまで数多くのラインナップを展開しています。デデスはスタンダードなスタイルにトレンド感をミックスさせたテイストがポイント。誰でも気軽に履けるように、比較的リーズナブルな価格で販売しています。セレクトショップ系のファッションが好みの方におすすめです。

オーナイン(O-NINE)
オーナインは、日本のシューズメーカー「サンスイトレーディング」が展開しているブランド。カジュアルシューズをメインで取り扱っています。トレンドをしっかりと意識した感度の高いラインナップが特長で、デイリーユースとして履きやすいリーズナブルな価格設定が魅力的です。セレクトショップでの取り扱いも多く、幅広い年代から人気を得ています。

グラベラ(glabella)
グラベラは、日本で生まれたカジュアルシューズブランド。「靴を履くことというあたりまえなことを、特別なことに思ってもらいたい」という願いから、デイリーユースにぴったりなシューズを数多く展開しています。リーズナブルな価格帯のモノが多いので、気軽に履けるのがポイント。キレイめなカジュアルシューズも取り揃えています。

エフェクト(effect)
エフェクトは、東京・高円寺にあるセレクトショップ「effectone」から2004年に誕生したオリジナルシューズブランド。シンプルさを追求していて、素材の風合いを感じる高い品質が魅力です。

リアルレザーを使用したシューズがメインで、バブーシュはもちろん、チャッカーブーツやトレッキングシューズなど、そのラインナップはバラエティーに富んでいます。こだわりのある大人の男性にはぜひチェックしてほしいブランドです。
レースアップシューズタイプのバブーシュ。つま先とかかとの硬い芯をなくすことで、柔らかく包み込むような履き心地を体感できます。かかとを潰すのも容易で、メンズバブーシュ本来の良さが出ているアイテムです。6色のカラーバリエーションで選びやすく、リーズナブルな価格も魅力的。ジャケットなどにも合わせやすいデザインなので、大人の男性におすすめです。
こちらのバブーシュはローカットのサイドゴアブーツタイプ。すでに履きこまれたかのように仕上げてある「焦がし加工」は、ひとつひとつ手作業で丁寧に行われています。柔らかくて履き心地のよいPUレザーを採用しているため、長時間履いても快適です。

程よく丸みを帯びた柔らかい雰囲気のつま先で、ジャンルを問わずさまざまなコーディネートに合わせられます。切りっぱなし仕様で足元の軽さを演出。6色のカラーが取り揃っているのもポイントです。
バブーシュらしい形をしていながらも、オペラシューズのような上品さも感じられるアイテム。定番のレザー素材ではなく、キャンバス地とデニム地を組み合わせて作られており、カジュアルな印象です。アッパーに施されたオルテガ刺繍がポイントで、コーディネートをぐっと引き締めてくれます。

つま先とかかとの芯地をなくすことで、ルームシューズのような履き心地。つま先が少しだけ反り返っている「スプリングトゥ」仕様で、すっきりとしたスマートな印象を与えてくれます。カラーバリエーションは3色で、それぞれ違った雰囲気で魅力的なので、ひと味違ったバブーシュでおしゃれを楽しみたい方におすすめです。
ユーズド加工が施されたバブーシュ。本革のスウェードが独特の風合いを演出していて、さまざまなコーデによく馴染んでくれます。かかとを潰して履いても、そのまま履いてもおしゃれに使える2WAYタイプとしてオールシーズン活躍。ネイビー・レッド・ダークブラウンの3色展開で、合わせやすいアイテムです。
"かかとをあえて潰す"というスタイルが注目されている「バブーシュ」。使用している素材によって、カジュアルからフォーマルまで幅広く合わせることができて便利です。ぜひバブーシュを取り入れて、上手に履きこなしてみてください。

マグ豪雅Monaco Bamcodのコラボリスト

TBHeuerタイガーホークとユニフォームWatch Dolarting社は、Monaco(モナコシリーズ)の腕時計を新たに演じ、現代のトレンド男性の個性的な腕時計を披露する。BWDは2004年に創立され、その中核的な業務内容が腕時計を改装することで、創始者Bamfdも優れたデザイナーであり、BWDが改装した腕時計を経て、デザインスタイルにサプライズがなく、今回のタイガー豪雅ブランド初の自家製パートナーのために、この新しいモナコの腕時計を一緒に鑑賞させていただきます
1969年、タイガー豪雅は革新的なHeuer Monaco (モナコ)の腕時計を出して、その標識性の四角な表殻は別格で、率先して出した方形の表殻として、このカウントダウンは登場して市場を追い立てて、スイスの制表世界の核心を動かします。
このコラボリストは、Monacoシリーズのシンボル的な要素のデザインを保持しています。目立つ四角形のケースデザインは、ファッションセンス、直径39ミリ、ハイテク炭素繊維の素材を採用したもので、軽妙で、強い耐抗性があります。表面に巻きつけられたテクスチャは、独特の魅力を示している。
深遠で静謐な黒の表盤には、円盤、Bamfdのマーク的なスタイルが、夜光コーティングのカウントダウンと日付の窓に表示されている。左右対称の2つのカウントダウンや針がすべて塗装されたBWDマーク的な水色の夜光をコーティングしたもので、MonACOとBAFXDのブランドの文字が刻まれている。mfd Watch Dolartingがコラボレーションした初の腕時計。
モナコシリーズの定番デザインを続けており、時計冠は腕時計の左側に位置し、先端には目立つブランドマークがあり、右側にはカウントダウンボタンが設けられ、タイガー豪雅のカウントダウンを完璧に伝承している。
黒のワニの皮製のカバーと黒のメッキを合わせて折りたたみ、腕時計全体の視覚効果は現代感があり、都会型男性にとっては、男性の魅力を腕に見せる。
表の底には、ブラックPVD精鋼旋入式のサファイアのデザインを採用し、「Monaco Bamfamfd」と限定番号が刻まれていることを記念して、双方の今回の協力を記念して、機軸の運転状態をはっきり見ることができます。内部には、タイガー豪雅Calber 11の自動チェーンを搭載しています。
今回の双方の協力の成果はとても豊かで、新潮思想と完璧な製表の工芸を結びつけて、タイガーの豪雅な腕時計の現代のモダンな風格を見せて、今の社会に立脚して、未来の製表業の風貌を明らかに示します。このファッションが好きで、科学的なセンスのあるモナコの腕時計の方に注目してみてはいかがでしょうか。

ジッポライターの有名ブランドとコラボしたアイテム

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

愛煙家の方なら誰でも一度は聞いたことがある「ジッポライター」。アメリカのジッポー社が展開している同ライターは「どんな環境下でも火をつけられる」と謳われるほど風に強く頑丈です。最近ではそのデザイン性にも注目が集まっており、愛煙家ではない方からもコレクションとして人気を集めています。

そこで今回は、ジッポライターのおすすめモデルと選び方についてご紹介。この記事を参考に、ぜひお気に入りのジッポライターを手に入れてください。

ジッポライターは、アメリカのジッポー社が展開している金属製のオイルライターです。1932年にジョージ・G・ブレイズデルの発案により、翌1933年に初めて製品化されました。同アイテムは、その後75年間、形や構造を変えないまま現在まで愛され続けています。

また、販売が始まって以来、現在まで続いているのが「永久無償修理サービス」。同じモデルを長年使い続けられるのが魅力です。愛煙家が手に取ることはもちろん、コレクターが収集目的で手に取ることがあるほど、ジッポライターは世界的なライターブランドとして多くの方から支持されています。

ジッポライターの魅力は、構造上風が吹いても火が消えにくいところです。着火の際、オイルを本体内部にある芯に吸い上げさせ、そこから揮発・気化させて燃焼させます。

このとき、オイルを含む空気が燃焼部を中心として、渦を巻くように滞留するので、空気の影響をあまり受けません。そのため、風が強くても火をつけられます。

ジッポライターは金属製のオイルライターなので、耐久性に優れています。ジッポライターの頑丈さは第二次世界大戦中のアメリカ軍にも評価され、多くの兵士が愛用していたほどです。

また、ジッポライターはフリントや芯の交換・メンテナンスを定期的に行うことで繰り返し使用することが可能。そのため、多くの愛煙家が長年同じモデルを使い続けています。
ジッポライターは、永久無償修理サービスがついています。サービス内容は、ライターの機能的故障に対してのみでデザインの修復は行っていません。また、フリントや芯などの消耗品も修理対象外なので事前に保証内容を確認しておきましょう。

ライターに永久無償修理サービスがあるのは、ジッポライターだけです。ジッポライターが多くの方に支持され続けている理由は、単に機能性が高いだけではなく、アフターフォローがしっかりしている点にあります。
フラットトップタイプは、蓋の上部が平らに作られているジッポライターです。本体角に2本の斜線が入っているのが目印で、創業当時のジッポライターをイメージして作られています。他のタイプと比べて角ばった作りが特徴です。
レギュラータイプの約1.5倍の厚みをもつアーマータイプ。基本性能はレギュラータイプと変わりませんが、重厚感と耐久性、開閉音に魅せられて購入する方が多い逸品です。ボトムにはAOMORの「A」の文字が刻印されています。
レギュラータイプに比べて本体が薄いジッポライター。基本性能はレギュラータイプと変わりません。コンパクトで持ち運びに便利なタイプで、手が小さい方や女性におすすめです。
細身ながらケースの厚さが通常の約1.5倍あるジッポライターです。アーマーモデルと同じく、独特で心地のよい開閉音が魅力。携帯性と重厚感をどちらも味わいたいという方におすすめのアイテムです。
金のジッポーは、14kまたは18kで作られており、デザイン性と堅牢性に優れているのが特徴です。14k、18kの金は、ライター以外にも、時計やカメラ、スマホケースなどで使われています。ラグジュアリーな見た目が魅力で、男性だけではなく、女性の愛煙家にもおすすめです。

ジッポライターのおすすめモデル
ジッポー(ZIPPO)
1932年にアメリカのペンシルベニア州で創業されたライターブランド。同社の名前は、オイルライターの一般名称として認識されています。永久無償修理サービスの証である「It works or we fix it free」のキャッチコピーで注目を集め、第二次世界大戦が始まると何百万人ものアメリカ軍兵士がライターを戦場へ持っていったことで人気を博しました。

ジッポライターは愛煙家だけではなく、映画や舞台の小道具として用いられることもあるアイテムです。また、世界中にコレクターが存在し、コレクター同士で情報を交換するイベントも行われています。

ジッポー(ZIPPO) ホワイトマット 214ZL
ボディ全体をホワイトマットで塗装したレギュラータイプのジッポライター。本体サイズは高さ55×幅35×厚さ12mmと縦長な作りになっており、どっしりとした重厚感が魅力です。

また、手のひらにすっぽりと収まるコンパクトサイズなので、ポケットに忍ばせておけるのもポイント。シンプルでスタイリッシュなデザインのため、どんなシーンにも合わせられます。
第二次世界大戦時にアメリカ軍兵士が愛用していたモデルの復刻版ジッポライター。見た目は無骨ながらも本体の角が丸みを帯びているので、柔らかさを感じられるアイテムです。

ボディの表面は、ブラッククラクル塗装を施しており、手触りよく傷が目立ちにくいのが特徴。素材は軽くて丈夫なスチールで、耐久性に優れているのもポイントです。
イギリスの世界的デザイナーであるポール・スミスが所有する、同氏の名前がそのまま用いられたファッションブランド。ひねりのあるクラシックなデザインを主としており、イギリスの伝統的なスタイルを継承しながらも遊び心のあるアイテムを販売しています。

主にスーツやネクタイなどのビジネスシーンで活躍するアイテムを扱っており、財布や名刺入れ、ジッポライターなどの小物も展開しているのが特徴。色鮮やかなストライプとミニクーパーのイラストでお馴染みのブランドです。
「Paul Smith」のロゴが目に飛び込んでくるジッポライターです。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、どんなシーンにもマッチするアイテム。本体サイズは縦55×横35×厚さ12mmと手に馴染みやすいのもポイントです。

本体の素材は、コストパフォーマンスに優れた真鍮製で、使い込む度に味が出るのも魅力。大人の雰囲気を演出するおしゃれなアイテムを探している方におすすめです。
手描き調のウサギや野菜のイラストが描かれているジッポライター。全体をシルバーで統一したスタイリッシュなデザインに遊び心を加えたポール・スミスらしいアイテムです。真鍮を使用しているので、使っていくうちに風合いの変化を楽しめます。

ウサギはポール・スミスのラッキーアニマルとされており、1976年から「幸運が訪れる」という意味で使われています。縁起のよい可愛らしいデザインは、女性の方にもおすすめです。
ポール・スミスの愛車として知られるミニクーパーが描かれたジッポライター。本体側面には「Paul Smith」のロゴが刻まれており、シンプルながらも存在感のあるアイテムです。

サイズは縦37×横12×厚さ55mm。真鍮製の素材に、アンティークシルバー加工が施されています。個性あふれる逸品は飽きることなく、使う度に愛着が湧くのも魅力。自分用としても、ギフト用としてもおすすめです。
イオンブラックのボディに銀色のユニオンジャックが描かれているレギュラー型のジッポライター。エッチング加工と色差しでユニオンジャックをより際立たせているところがポイントです。

ユニオンジャックのバックに描かれているペイズリー模様は、繊細かつおしゃれに仕上がっています。無骨過ぎないデザインなので、手に取りやすいアイテムです
アンティークな雰囲気を演出するジッポライター。レトロな雰囲気とメタルの質感が共存しているボディには、シンプルでシャープなラインORBが施されています。蓋を開けた時、インサイドユニットに描かれたORB柄が隙間から見えるのもポイントです。

本体サイズは縦65×横33×厚さ10mmとコンパクトながらも、インパクトあるデザインが存在感を強調しています。カラーはゴールド、シルバー、ブラック、ローズピンクの4種類から選べるのも魅力。飽きのこないデザインは、自分用にはもちろんギフトにもおすすめです。

1903年にアメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキーで創業されたオートバイメーカー。その名前は大型バイクの代名詞として用いられることがあります。1989年にはハーレーダビッドソンジャパンを設立。現在はバイクに限らず、小物も取り扱っています。

ロレックス水鬼の夜光進化

120年前、居里夫婦がラジウムを発見した。

こ 発見を時計業界に働きかける は、一戦だったはずだ。

20世紀 初期には、黒 表板、巨大な時に落札した軍用懐表が多い。時 落札と針 コーティングによく使われていて、ラジウムと硫化亜鉛(Zinc sung)が混在して、時計 一番早い夜 光材料である。

すでに1920 sでは、ラジウム 放射性は有害であると証明されていたが、そ 後はかなり長い間、夜光材料 不二選である。

RDiel

早期 潜航者は、そ 夜光材料も例外ではない。第1世代 潜航者RF . 6204は、夜 光材料がまだらになっていて、蜂 巣麺(Honeycob)も侵食され、「1枚は歳月 痕跡」である。

ラジウム製 夜 光 材料、安全性は一貫して大きな被害になっている。ロレックスは最終的に1963年に放棄した。チチウムも放射性要素だが、放射性が弱く、半減期は短い。

下図は1966年 潜航者RF . 513で、すでにカケラ 夜光材料である。6時にはSwキス- T<25文字があり、T<25は夜 光材料 中で、ケチウム 放射線量が25ミリシーリより低い。

ケチ 半減期はわずか12年で、そ ため数十年後、そ 夜 寿命は何も残っていない。しかし面白い は、時代 洗礼を受けて徐々に黄色くなり、金 枠に囲まれていなければ、今は大ヒットしている。

Laminova

ロレックスは長持ちで有名だが、ケチ 寿命は腕時計そ も に及ばず、ロレックスもより良い代替材料を探している。

1998年、ロレックスは日根化学(NMato and Co .)に供給されたLaminova夜光材料を採用し、そ 主要成分がアルミニウム酸ストロンチウム塩(Srs 2 O 4)にアップグレードした。光 発光 材料で、光は数分で、発光数時間で寿命が長くなる。

前回 潜航者は、こ 種 夜光材料を使っていた。

Chromali

現行 新装潜航者は、夜光コーティングがChromalナイトである。

こ 新しい材料は、2008年にSuper Laminova 代わりに、最初にDeolsa深潜型 上に現れた。Laminova 緑 光と違って、Chromaliは暗黒 中で青色を呈し、さらに長持ちする。

金のために腕時計の顕著な量を提供している暗い馬の何かですith腕時計は

まず最初に、私はEberhardは、この卓越した設計とよく構築された時計の価格設定を再考したい。ブレスレットの上のゴム・ストラップと4400ドルのまわりでおよそ3700ドルで、あなたは本当に中で収容されるETA 2893 - 2運動を正当化するために、恋に落ちなければなりません(700ドルのquale 30 atmosブラックGMTセラミと同様に)。それは、Eberhard & Coは、多くの非依存者が利用することができるコスト削減方法とツールで、正確に巨大な製造でありません。いずれにせよ、私はScafograf GMTがこのリストでスポットを稼ぐと確信しています。
ヴィンテージscafograf 200時計(参照11536など)は私が今まで見た中で最も魅力的なダイバーのいくつかであり、ブランドはまだhorhorologicalデザインオタクの心の場所があります。オレンジGMT手で青または黒の幅43 mmで、scafograf GMTは、フォント、手と比率で公園からそれを打ちます。ラバーストラップは、独自の魅力を持っている間、私はブレスレットとそのロックを解除し、ロックを解除するために使用されるその特許を取得した装飾的な留め金は、時計のような不可欠な部分であることがわかります。
GMTマスターとは異なり、NaviTimer 8 B 35 UniTimeは、伝統的なGMT腕時計ではありませんが、ユーティリティの観点から、それはすべての過剰を剥奪し、パイロット、旅行者、冒険者のすべてをt特に必要なものは何もありません。それは、より純粋なトリックの腕時計の形で表現された世界タイマーの比較的まれな例ですNDは簡単に新しいタイムゾーンで降りるときに時間を守る滞在。微妙に近代化された24時間ディスクとワールドタイムのリングは、コンサートで残っている古典的なレイアウトを裏切ることなく、当初はウォッチメーカールイスCarttierによって1930年代に開拓されずに非常に読みやすい。ブライトリングNavitimer 8 B 35ユニタイムは8140で始まり、価格はブライトリングのシグネチャ3リンクスチールブレスレットで8520ドルまでジャンプします。
プットは、2495ドルで販売され、Alpina Alpiner 4 GMTは市場での自動運動で最も手頃な価格の真のGMTです。確かに、この非常にリストのいくつかを含むより安価なETAベースのGMT時計があります、しかし、そのAl - 550 Calibre(高度に修正されたフレデリック定数運動)のおかげで、独立して調節可能な時間手のユニークな能力によるNone。このアルピナーは、スピードマスター側のプロファイルを喚起ツイストラグ、およびテクスチャ、深さとコントラストの偉大な程度でダイヤル、トランクにかなりハンサムです。唯一の欠点?44 mmのケースがその長い52 mmのラグをラグ測定に隠すためにほとんどないので、Alpiner 4 GMTはより大きな手首のために最高に予約されます。
それでも、ウォレットを意識した頻繁なフライヤーと旅行ジャンキーのために、アルピナ4 GMTは、金のために腕時計の顕著な量を提供している暗い馬の何かですith腕時計は、ショックと磁力に対する保護を加えました。GMTマスターがかつて開拓したこれらのすべての値ではありませんか?年を待つ前に、リストと贅沢な影響者を明らかに。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ