記事一覧

美容師・浦さやかが語るカラーデザインの秘密

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpgアップロードファイル 12-4.jpg

2018年、世界のコレクション会場でもひときわ注目される存在となった双子モデルのAMIAYAだが、その中でも目を引くのがビビッドなピンクヘアだろう。遠くからでも認識できるそのピンクヘアは、彼女たちをよりアイコニックな存在にしている。そのピンクヘアを担当するのが、浦さやか「オトペ(otope)」代表だ。18年11月1日に表参道から原宿に店舗を拡張移転し、新たにネイリスト兼アイリストのスタッフも参加。さらなる個性的なデザインを発信している浦代表にはそのピンクヘアの秘密と共に、その発想源ともなっている自身が描くパラパラ漫画についても語ってもらった。

もともとAYAちゃんが「オトペ」に通ってくれていて、AMIちゃんは別のヘアサロンに通っていたんです。その時は2人ともヘアスタイルは違っていたんですが、ある時2人の間で「双子感を出していこう」となったみたいで、2017年3月に2人ともおそろいのピンクヘアにしました。ヘアスタイルも切りっぱなしのボブで、少しずつですが実は短くなっているんです。最近は前髪も少し短めにしてヘアもコンパクトになり、よりアイコニックな感じになっています。

かなりビビッドなピンクヘアだが、どう作っている?

ブリーチしてからヘアカラー剤のピンク系で染めて、その上からカラークリームの「マニックパニック(MANIC PANIC)」の「ホットホットピンク」をのせて作っています。最近は「ディレクションズ(DIRECTIONS)」の「カーネーションピンク」を使ったりもします。髪の根元が黒くならないように、月に1回くらいはサロンでブリーチしていますね。

AMIAYAさんと同じヘアカラーを希望する人も多い?

ピンクを希望する人は多いですが、これくらいビビッドなピンクヘアは一般の人だと浮いてしまって、正直難しいです。あのAMIAYAちゃんのファッション性とキャラクターがあるから似合っているとも思うので。

ちなみに浦さんの薄いピンクヘアも特徴的だが。

私は3~4カ月前にブリーチして、あとはピンク系のカラーシャンプーを何種類か混ぜて使っています。あまり濃くならないようには気をつけています。根元の黒い毛が見えてきていますが、それもデザインとして生かしています。

浦さんはAMIAYAさんに限らずその独特なヘアデザインが人気となっているが、最近インスタグラムを見ていると、ヘアの他に自身が描いたパラパラ漫画も投稿している。あれはどういった意図があるのか?

あれは完全な趣味です(笑)。毎朝6時に起きて、1話ずつ描いています。登場人物は私自身をキャラにしたもので、パラパラ漫画のアプリを使って作っています。だいたい1時間くらいで1話完成するのですが、ストーリーを考えることで頭が活性化している気がします。いつか漫画家デビューできればいいですけどね(笑)。

W杯に合わせた4年に1度の貴重なフットボールコレクションの数々をお届け

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpgアップロードファイル 11-4.jpg

4年に1度開催される世界最大のスポーツの祭典FIFAワールドカップ(FIFA World Cup以下、W杯)が6月15日、ロシアで開幕した。出場32カ国が昨日28日までの14日間で全64試合中のグループリーグ48試合を戦い、半分の16カ国が決勝トーナメントに進出。ブラジルやイングランドといった強豪国は危なげなくグループリーグを突破した一方で、前回大会王者で世界ランク1位のドイツが史上初めて決勝トーナメント進出を逃し、“史上最弱”と酷評されていた開催国ロシアや、突然の監督交代劇で空中分解もささやかれたわれらが日本が決勝トーナメントへの切符をつかむなど、21回目を迎えたW杯の歴史の中でもまれに見る大混戦を見せている。

世界最大の祭典に合わせ、各国代表ユニホームをブランド別に解説したり、ヘアスタイルにおけるW杯ベストイレブンを選抜したり、W杯商戦の前半戦勝者を考察したりと、ここぞとばかりに読者の皆さまに話題を提供してきた。が、やはり各ファッションブランドによるフットボールコレクションは見逃せない。ということで、世界最大の祭典のためだけに製作された4年に1度の貴重なコレクションの数々をお届けする。

やはり開催国ロシア出身のデザイナー、ゴーシャ・ラブチンスキーが手掛ける「ゴーシャ ラブチンスキー」と「アディダス」のコラボは外せない。2017-18年秋冬からコラボを発表してきた両者だが、今回のコレクション“FOOTBALL WORLD CUP KIT”はロシア国旗に敬意を表し、レッド、ブルー、ホワイトを基調としたアイテムをラインアップ。ゴールキーパーのフットボールシャツまで用意されているところにゴーシャの本気度がうかがえる。オススメは2万4000円と若干値が張るオールブラックのサッカーボール。

オンラインストア「ユークス」は、出場国の中から14の国を代表するブランドにフォーカスしたぜいたくなコレクション“#YOOXSOCCERCOUTURE”を用意。サッカーファッション誌「ステップ フットボール ファッション(Stepp Football Fashion)」とのコラボで実現したもので、それぞれのブランドがTシャツとスエットを製作した。参加ブランドには日本の「カラー(KOLOR)」、フランスの「コーシェ(KOCHE)」、ベルギーの「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」、ポルトガルの「マーケス アルメイダ(MARQUES'ALMEIDA)」、イングランドの「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」などが名を連ねる。なお、売り上げの一部はロシアの元サッカー選手アレクサンドル・ケルジャコフ(Alexander Kerzhakov)が設立したチャリティー団体「Stars for Children」に寄付される。

スウェーデン語で“フットボールクラブ”を意味する「アクネ ストゥディオズ」の“フットボールスクルーブ(FOTBOLLSKLUBB)”は、ウエアにサッカーボール柄やブランドの本社の住所“13”を大きくプリントしたり、ブランドのアイコン“フェイス”をパッチワークであしらったりと遊び心満載。ホームとアウェイを意識した2カラー展開で、サッカーゴールのネットで作られたバッグやホイッスル、ビーニー、マフラーなど小物類も充実している他、キッズサイズも用意し、親子で楽しめるコレクションだ。

「フレッドペリー」からは、ブランドのシグニチャーであるポロシャツを出場する11カ国風にアップデートしたコレクション“カントリーシャツ(COUNTRY SHIRTS)”が登場する。襟と袖口が国旗やユニホームをモチーフとしたカラーリングになっている他、胸元の月桂樹の下には国名が刺しゅうされている。なお、ラインアップされた11カ国のうち9カ国が決勝トーナメント進出と、商品企画部の先見の明には恐れ入る。

残念ながらブランドの拠点であるイタリアは、あろうことか1958年大会以来60年ぶりにW杯出場を逃したが、「ヴェルサーチ」もフットボールシャツを発表している。背番号の「12」と“VIA GESU”の文字は、創業者のジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)がかつて住んでいた地名からで、胸元にはメデューサの金の刺しゅうが施されるなど、まさに「ヴェルサーチ」らしい一品に。価格は8万円とまさに“ラグジュアリー・ユニフォーム”。銀座店のみで販売中だ。

設楽洋ビームス(BEAMS)社長が自身のツイッターで連夜W杯の戦況を実況し、原宿店ではパブリックビューイングが行われるなど、社全体でW杯を盛り上げているビームス。「アディダス」とのコラボユニホームは、胸元の“beams”の文字が実際のスポンサーと見間違うほどにどこよりもリアル。価格も7800円と良心的だ。

アパレルの展開こそないが、「ルイ・ヴィトン」も一般的なサッカーボールのパネルをモチーフとした2型のバッグと革小物からなるコレクションを発表している。同ブランドは10年の南アフリカ大会から、優勝トロフィーを運ぶ専用ケースを製作していることでも知られる。なお、新メンズ・アーティスティック・ディレクターに就任したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)は頻繁に観戦するだけでなく、「ナイキ(NIKE)」とスパイクをデザインし、学生時代はサッカー部に所属していたという元サッカー小僧。19歳ながらフランス代表でエースナンバー「10」を背負うキリアン・エムバペ(Kylian Mbappe)とも交流があるだけに、ヴァージルの優勝予想はフランスか?

「サカヨリ」から新ライン“ジードット”誕生 カルチャーとしての“ファッション”を発信

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

「サカヨリ(SAKAYORI.)」を手掛ける坂寄順子は、2019年春夏コレクションから新ライン“ジードット(G.)”を立ち上げる。“ジードット”はアウトドアや旅行、料理など個々のライフスタイルや趣味をテーマにカルチャーとしての“ファッション”を発信する。時間に追われながらも気軽におしゃれを楽しむ女性のために、「サカヨリ」のエレガントな要素を取り入れつつ、化粧がつきにくい素材や色移りしないデニム素材など幅広い商品群のMDで顧客層を広げていく。

 デビューコレクションは、約30型。価格帯はトップスとカットソーが9000円~、シャツが1万6000円~、ワンピースが2万2000円~、ボトムスが1万6000円~、アウターが3万2000円~。販路は百貨店をはじめ大手セレクトショップや専門店などにアプローチする。

 「サカヨリ」は04年春夏コレクションにデビューし、16年春夏にパリで展示会発表をスタート。パタンナー出身の坂寄が作り出す構築的な技術と立体的なデザインは、シルエットに対する探究心がうかがえる。

メンズバブーシュのかかとを履き潰すスタイルに注目

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

かかとを潰して履くスタイルの靴「バブーシュ」。レディースファッションで注目されていたアイテムですが、近年はメンズファッションにも波及。若い世代だけでなく40代以上の大人の男性でも無理なく履けるので、ぜひチャレンジして欲しいシューズです。そこで今回は、メンズバブーシュのおすすめ製品と人気ブランドをご紹介します。
バブーシュは、もともとモロッコの伝統的な履物。かかとを潰す履き方に特徴があります。かかと自体はあるのですが、それを潰してスリッパのように履くのがバブーシュの基本的なスタイルです。

バブーシュの種類は、スリッパのようにルームシューズとして履く「内履きタイプ」と、外出時に履く「外履きタイプ」があり、それぞれソールの作りやアッパーとの縫い合わせが異なります。本来のバブーシュは羊革を使用するのが一般的でしたが、今では牛革や馬革、合成皮革、コットン素材を採用するなどバリエーションが豊富です。かかと部分は内側に倒れやすいように設計されて、柔らかい仕様のものが多いです。

一方で、かかとを潰さずにそのままカジュアルな革靴のように履く人もいます。そのため、かかとを踏んでも踏まなくても使える2WAYタイプとして販売されているものもあります。さらに、かかとが元から無いタイプのバブーシュも販売されており、いくつかあるバリエーションの中から選べます。
現在日本で販売されているメンズバブーシュはデザインが豊富。本来のバブーシュのよさを継承しながら、トレンドファッションの要素を取り入れているの点が魅力です。

モロッコのバブーシュに近いスリッポンタイプ、どんなコーデにも合わせやすいレースアップシューズタイプ、正統派な印象が魅力的なローファータイプなど、自分の好みによってさまざまなバリエーションの中から選べるのがメンズバブーシュの特長です。
メンズバブーシュは素材の種類もデザインと同様に豊富です。最も一般的なのは羊革ですが、牛革や馬革を使用しているモノもあります。ジュアルさを出すならキャンバス素材、きれいめカジュアルがお好みであればレザーなど、同じデザインでも使用している素材によって印象が変化。雨や汚れに強い合成皮革で作られたバブーシュもおすすめです。
デデス(Dedes)
デデスは、浅草にある靴問屋「メンズサンエー」が展開するシューズブランド。カジュアルシューズからビジネスシューズまで数多くのラインナップを展開しています。デデスはスタンダードなスタイルにトレンド感をミックスさせたテイストがポイント。誰でも気軽に履けるように、比較的リーズナブルな価格で販売しています。セレクトショップ系のファッションが好みの方におすすめです。

オーナイン(O-NINE)
オーナインは、日本のシューズメーカー「サンスイトレーディング」が展開しているブランド。カジュアルシューズをメインで取り扱っています。トレンドをしっかりと意識した感度の高いラインナップが特長で、デイリーユースとして履きやすいリーズナブルな価格設定が魅力的です。セレクトショップでの取り扱いも多く、幅広い年代から人気を得ています。

グラベラ(glabella)
グラベラは、日本で生まれたカジュアルシューズブランド。「靴を履くことというあたりまえなことを、特別なことに思ってもらいたい」という願いから、デイリーユースにぴったりなシューズを数多く展開しています。リーズナブルな価格帯のモノが多いので、気軽に履けるのがポイント。キレイめなカジュアルシューズも取り揃えています。

エフェクト(effect)
エフェクトは、東京・高円寺にあるセレクトショップ「effectone」から2004年に誕生したオリジナルシューズブランド。シンプルさを追求していて、素材の風合いを感じる高い品質が魅力です。

リアルレザーを使用したシューズがメインで、バブーシュはもちろん、チャッカーブーツやトレッキングシューズなど、そのラインナップはバラエティーに富んでいます。こだわりのある大人の男性にはぜひチェックしてほしいブランドです。
レースアップシューズタイプのバブーシュ。つま先とかかとの硬い芯をなくすことで、柔らかく包み込むような履き心地を体感できます。かかとを潰すのも容易で、メンズバブーシュ本来の良さが出ているアイテムです。6色のカラーバリエーションで選びやすく、リーズナブルな価格も魅力的。ジャケットなどにも合わせやすいデザインなので、大人の男性におすすめです。
こちらのバブーシュはローカットのサイドゴアブーツタイプ。すでに履きこまれたかのように仕上げてある「焦がし加工」は、ひとつひとつ手作業で丁寧に行われています。柔らかくて履き心地のよいPUレザーを採用しているため、長時間履いても快適です。

程よく丸みを帯びた柔らかい雰囲気のつま先で、ジャンルを問わずさまざまなコーディネートに合わせられます。切りっぱなし仕様で足元の軽さを演出。6色のカラーが取り揃っているのもポイントです。
バブーシュらしい形をしていながらも、オペラシューズのような上品さも感じられるアイテム。定番のレザー素材ではなく、キャンバス地とデニム地を組み合わせて作られており、カジュアルな印象です。アッパーに施されたオルテガ刺繍がポイントで、コーディネートをぐっと引き締めてくれます。

つま先とかかとの芯地をなくすことで、ルームシューズのような履き心地。つま先が少しだけ反り返っている「スプリングトゥ」仕様で、すっきりとしたスマートな印象を与えてくれます。カラーバリエーションは3色で、それぞれ違った雰囲気で魅力的なので、ひと味違ったバブーシュでおしゃれを楽しみたい方におすすめです。
ユーズド加工が施されたバブーシュ。本革のスウェードが独特の風合いを演出していて、さまざまなコーデによく馴染んでくれます。かかとを潰して履いても、そのまま履いてもおしゃれに使える2WAYタイプとしてオールシーズン活躍。ネイビー・レッド・ダークブラウンの3色展開で、合わせやすいアイテムです。
"かかとをあえて潰す"というスタイルが注目されている「バブーシュ」。使用している素材によって、カジュアルからフォーマルまで幅広く合わせることができて便利です。ぜひバブーシュを取り入れて、上手に履きこなしてみてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ